富士フイルム(古森重隆社長)は8月12日、人物の顔と撮影シーンを自動検出することで画質を最適化するコンパクトデジタルカメラ「FinePix(ファインピックス) F60fd」を8月23日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は3万7000円前後の見込み。

 360度の顔の検出範囲と検出速度が最短0.036秒の顔認識機能「顔キレイナビ」と、撮影シーンの自動判断機能「シーンぴったりナビ」を組み合わせることで、初心者でもキレイな写真が撮れるようにした。

 「顔キレイナビ」は横顔や斜め顔を含む最大10人まで一度に検出できる。「シーンぴったりナビ」は、被写体にカメラを向けるだけで「人物」「風景」「夜景」「マクロ」の4種類を自動的に選択し、ピントや露出、ホワイトバランスを調整する。

 有効1200万画素のCCDと、35mmフィルムカメラ換算で35-105mmの光学3倍のズームレンズを搭載。CCDシフト式の手ブレ補正機能も備える。ディスプレイは3.0型液晶。記録媒体には約25MBの内蔵メモリと、xDピクチャーカード、SDメモリカード、SDHCメモリカードを外部メモリで利用する。サイズは幅92.5×高さ59.2×奥行き22.9mm、重さは約163g。カラーはシルバーとブラック。