セイコーエプソン(碓井稔社長)は8月7日、特殊眼鏡が不要で従来よりも自由な位置から観賞できる、高解像度の3D液晶ディスプレイを開発したと発表した。

 新しい3Dディスプレイでは、片目が同じ画像を認識する幅である「視点画像幅」を31-32.5mmにしたレンズを採用することで、広範囲で鮮明な3D映像が観賞できるようにした。3Dディスプレイは映像の立体感を重視すると、解像度が劣化する欠点があるが、エプソンでは「ステップ3D画素配列」と呼ぶ画像処理技術を採用することで、見た目の画質を向上させた。

 ディスプレイの画面サイズは対角2.57型で、3D表示での画素数384×256画素のQVGA相当。観賞最適距離は450mm、3D視野角は左右±12.5度。