三洋電機は、デジタルムービーカメラ「Xacti(ザクティ)」シリーズで、PCやネット環境との親和性を高めた「DMX-HD800」を8月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 静止画と動画の両方が撮影できるカメラ。動画フォーマットに、映像・音声データを一つのファイルで構成する「MPEG-4 AVC/H.264形式」を採用。従来と同等の画質であれば長時間記録できるのに加え、PC上での移動やコピー、Web上へのアップロードなどの際に、静止画ファイルと同じように扱える。

 映像信号に混在するランダムノイズを、デジタル処理によって大幅に低減する「3次元デジタルノイズリダクション」を同シリーズとして初めて搭載。高速読み出しが可能なCMOSセンサーの採用により、映像の情報量を従来機の約1.7倍にアップした。動画・静止画撮影時ともに、最大12人まで対応する「顔検出」機能を搭載。また、動画撮影中も対象人物を検出し、追尾できる。

 約800万画素のCMOSセンサーと光学5倍ズームレンズを搭載。静止画は800万画素、動画は1280×720画素のHD画質で記録できる。記録メディアはSD/SDHCメモリカード。電源はリチウムイオン電池。撮影は静止画が約250枚、動画は約90分、動画の再生は約200分の連続使用が可能。本体サイズは、幅73.7×高さ109.0×奥行き35.0mm。電池、SDメモリカードを含む重さは約220g。カラーはゴールド、ピンク、ブラックの3色。