プリンストン、通信データの暗号化を実現する外付けIPsec暗号化アダプタ

ニュース

2008/06/24 20:44

 プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は6月23日、外付けBOXタイプのIPsec暗号化アダプタ「NS-501 NetScrambler」を、6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万1800円前後の見込み。

 手軽に通信データの暗号化を実現する外付けBOXタイプのIPsec暗号化アダプタ。イーサネットインターフェイスとLANケーブルの間に中継器として設置するだけで、通過する通信データを自動的にIPsec暗号化し、送信先に転送する。暗号方式はAESと3DESに対応し、最大8ノードと通信ができる。専用ASICによるハードウェア処理により、最高90Mbpsの高速で安定した動作を実現。内部IPアドレスを外部IPアドレスに変換するNATにも対応する。

 通信機器に対して複雑な設定や面倒なインストール作業は不要なため、既存システムへの導入も簡単に行える。より詳細な設定を行うことで、暗号化経路の限定や指定IP以外からのパケットを破棄するなどの応用的な使用も可能。本体サイズは幅85×奥行き57×高さ30mm。

オススメの記事