ソフトバンクM、iPhoneの端末価格・料金プランを発表、8GBモデルは2万3040円

ニュース

2008/06/23 19:15

 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は6月23日、7月11日に発売する米アップル製の3G対応携帯電話iPhone(アイフォーン) 3G」の端末価格と料金プランを発表した。新規契約で、24回の分割払いで購入した場合の端末価格は、8GBモデル(ブラック)が2万3040円、16GBモデル(ブラック、ホワイト)が3万4560円。ソフトバンクの直営店や大手量販店などで販売する。

 「iPhone 3G」向けの基本プランは「ホワイトプラン(i)」で、月額基本料は980円。1-21時までソフトバンク同士の国内通話が無料で、「@i.softbank.jp」のメールアドレスを付与する利用料無料の「iPhone 3G」専用のメールサービス「Eメール(i)」を利用できる。そのほか、「ブループラン(i)」と「オレンジプラン(i)」を用意。「Eメール(i)」は全プランで使うことができる。

 データ通信では、月額5985円で使い放題になる定額プラン「パケット定額フル」を新設した。携帯会社を問わずメールの送受信やネット閲覧、動画・地図サービスなどのパケット通信を上限無く利用できる。iPhone 3Gの利用者は、「パケット定額フル」と月額315円の「S!ベーシックパック(i)」に必ず加入が必須で、月額で最低でも7280円を支払うことになる。

オススメの記事