日本HP、操作性と静音性に優れたモバイルシンクライアント

ニュース

2008/06/23 19:14

 日本ヒューレット・パッカード(小出伸一社長)は6月23日、12.1型ワイド液晶を搭載したモバイルシンクライアント「HP Compaq 2533t Mobile Thin Client」を、6月26日に発売する。価格は12万5790円。

 12.1型ワイド液晶を搭載した重さ約1.36kgのコンパクトなきょう体に、キーピッチ19mmのフルサイズキーボード、タッチパッド、ポイントスティックを備えたシンクライアント。本体からデータ保存用HDD、冷却ファンなどの機械動作部分を排除し、故障の要因を少なくした。また、ファンなどの回転部品がないため、静音性に優れている。

 天板には航空機素材に使われるアルマイト(陽極酸化)処理を施したアルミニウムと、蜂の巣状のマグネシウム合金製インナーシェルとの合板を採用。従来のモデルと比べてディスプレイ部が約80%たわみにくくなった。パームレスト部にもアルマイト処理がされたアルミニウムを採用し、耐久性を高めた。

 通信インターフェイスとして、10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tの有線LANと、IEEE802.11a/b/g準拠無線LANを備えるほか、PCカードスロットを装備し、3Gデータ通信カードなど、既存の通信カードを使用可能。OSはWindows XP Embedded、メモリは1GB。バッテリー稼働時間は、3セルバッテリーで約3.3時間、6セルバッテリーで約7.3時間、9セルバッテリーで約11.3時間。

 このほか、中小・中堅企業向けのシンクライアントとして、イー・モバイル社の通信カード「D02NE」もしくは「D02HW」とのセットモデルを、同社のオンラインストア「HP Directplus」限定で発売する。価格は10万4790円。

オススメの記事