KDDIなど、使いやすいワンセグや安心機能を高めたau携帯電話2機種

ニュース

2008/06/18 20:48

 KDDIは6月18日、携帯電話ブランド「au」で、ワンセグ一発起動やワンタッチダイヤルに対応したワンセグケータイ「W64K」と、利便性や安心機能を高めたスマートストレートケータイ「W63K」を6月19日に発売すると発表した。両機種ともに京セラ製の端末で、価格はいずれもオープン。

 「W64K」は、2.7インチワイドQVGA液晶を搭載し、液晶画面を回転して閉じるだけで簡単にワンセグが起動。ディスプレイは傷に強い強化ガラスを採用する。有効197万画素のオートフォーカスカメラ、PCサイトビューアー、「LISMO」のビデオクリップ対応などの機能を搭載する。大型かつ凹凸をつけて押しやすくした「フレームレスキー」で、メールを打つ際も疲れにくい。

 胸ポケットやバックから取り出す際に、丁度指のかかる位置に時刻や着信を確認できる「インフォメーションキー」を配置したほか、光の当たる角度によってボディカラーが美しく変化するパネルを採用し、デザイン面にも配慮した。連続通話は約250分、待受時間は約300時間。カラーはブリリアントゴールドとフローラルピンクの2色。サイズは幅49×高さ106×厚さ15.4mmで、重さは約130g。

 「W63K」は、ポケットに入れてもかさばらないスリムなストレートスタイルを採用。サイドに誤操作防止キーを配置したほか、段差を設けた押しやすい「フレームレスキー」やワンタッチダイヤルも採用した。2.7インチのワイドQVGAディスプレイと「でか文字」表示のほか、最新の文字入力エンジン「iWnn」を搭載し、メールの閲覧・作成も快適に行える。メールの閲覧時に文字の大きさが変えられる「ワンタッチ文字サイズ切替」機能も備える。

 そのほか「フェイク着信」「遠隔ロック」「緊急地震速報」「災害時ナビ」など豊富な機能を搭載。連続通話時間は約250分、待受時間は約340時間。カラーはワインレッド、マジェスティックブラック、シャイニーゴールドの3色。サイズは幅47×高さ135×厚さ10.8mmで、重さは約92g。

オススメの記事