松下、Vistaを搭載したモバイルノートPC「TOUGHBOOK」の新モデル

ニュース

2008/06/18 19:04

 松下電器産業は6月17日、頑丈設計のモバイルノートPC「TOUGHBOOK」シリーズで、Windows Vistaを搭載した「TOUGHBOOK 30」「TOUGHBOOK 19」を6月23日に発売すると発表した。

 両モデルとも、「TOUGHBOOK」としては初めてWindows Vista Business SP1を搭載した。Windows XP Professionalにダウングレードできるリカバリメディアも付属する。

 きょう体の素材にマグネシウム合金を採用し、HDDは特殊緩衝材で保護したほか、アルミケースに封入。約90cmからの落下実験もクリアした。端子部に金属ドアやラバーシールを施すほか、接合部にシリコンラバーのシーリングを使用して、ホコリや水滴の侵入を防ぐ。キーボードも防滴仕様となっている。

 インテルと共同開発した最新プラットフォーム「Dynamic Power Performance Management Technology」を採用し、標準バッテリで最大約8時間駆動する。チップセットに「GM965 Express」、CPUは「TOUGHBOOK 30」がCore 2 Duo 低電圧版 L7500(1.60GHz)、「TOUGHBOOK 19」がCore 2 Duo 超低電圧版 U7500(1.06GHz)を備え、1GBのDDR2メモリ、80GBのSATA HDDを搭載。「TOUGHBOOK 30」と「TOUGHBOOK 19」の上位モデルは、IEEE802.11a/b/g準拠の無線LANBluetoothを内蔵する。

 13.3型の「TOUGHBOOK 30」は、1000cd/m2の高輝度液晶を備えるため、直射日光下でも作業しやすい。サイズは幅302×奥行292×高さ69.5mm、重さは3.8kgで、実勢価格は45万円前後の見込み。「TOUGHBOOK 19」は10.4型液晶を搭載し、180度回転してタブレットPCモードでも使用できる。サイズは幅271×奥行き216×高さ49mmで、重さは2.3kg。実勢価格は無線LANとBluetoothを搭載した上位モデルが32万5000円前後、非搭載モデルが31万円前後の見込み。

オススメの記事