コーレル、統合オーサリングソフト最新版2タイトル、BD対応も

ニュース

2008/06/13 17:06

 コーレル(田中俊輔社長)は6月12日、ハイビジョン対応の統合オーサリングソフト「Ulead DVD MovieWriter 7」と「Ulead DVD MovieWriter 7 Basic Edition」の2タイトルを、7月25日に発売すると発表した。

 上位版の「Ulead DVD MovieWriter 7」は、H.264を使用したBlu-ray ディスク(BD)オーサリングに対応する。映像の本編再生中にポップアップでメニューやチャプターを表示できるBD-J対応ディスクの作成も可能。また、ビデオファイルの各種変換、動画ファイル、DVD、AVCHDの再生に対応する。

 2タイトルとも、データ書き込み、再生、コピー、音楽CD、ビデオ編集、フォトムービーまでをトータルでサポートするほか、「取り込み」「作成&編集」「書き出し」の3ステップで、オーサリングできる。

 ハイビジョン動画の編集をサポートするスマートプロキシ機能を新たに搭載し、DVカメラやHDVカメラから映像をキャプチャ後、そのままDVDやAVCHDを作成でき、追記/編集ができる。

 そのほか、BD、AVCHD、DVDのオリジナルメニュー作成に対応。映り込みを使用した「リフレクションメニュー」、各クリップの冒頭部分を自動でチョイスし、メニュー画面表示中に切り替わる「ダイジェストメニュー」など、メニューテンプレートを追加した。また、静止画、動画をオブジェクトとしてメニュー画面に貼り付けることが可能。

 価格は「Ulead DVD MovieWriter 7」の通常版が1万5540円、特別優待版が1万290円、アップグレード版が8379円、アカデミック版が8190円、ダウンロード版が9324円、アップグレードダウンロード版が7329円。「Ulead DVD MovieWriter 7 Basic Edition」の通常版が1万290円、特別優待/アップグレード版が6279円、アカデミック版が5229円、ダウンロード版が7900円、ダウンロードアップグレード版が4900円。

オススメの記事