日本HP、PCの店頭販売を再開、5万円台の超小型ノートを投入

ニュース

2008/06/13 13:36

――山下本部長に一問一答<br>
<br>
 日本ヒューレット・パッカード日本HP、小出伸一社長)のコンシューマ向けPC事業が5月に入って慌しい。3日、直販を貫いていた販売方針を転換し、6年ぶりに家電量販店での店頭販売も再開。21日には新商品として5万円台の超小型ノートPCを発表した。同社はコンシューマ市場から一度撤退したものの、2006年に再参入。それから約2年が経ち、世界シェアトップのPCメーカーが本格的に日本で動き始めた。山下淳一・モバイル&コンシューマビジネス本部本部長に戦略を聞いた。

──再参入から2年ほど経過した。この間をどう振り返る。

 「再参入当初、一度撤退した経験があるだけに、販売店からは『もうやめないよね?』などと言われ、心配をかけてしまっていた。まずは日本HPがコンシューマ向けPC事業を本気でやるという姿勢を示す必要があった。それだけでなく、日本市場の動向とニーズを把握するため、調査や研究を進めていた」

──直販だけの販売戦略から一転して、家電量販店での販売も開始した。

 「直販のカバー範囲は狭い。広くアプローチするには店頭チャネルが重要と前々から考えていた。5月に入って始めたのは準備が整ったということ。まずは、ビックカメラヨドバシカメラソフマップのほぼ全店舗で展開している」

──HP製PCを取り扱ってもらう家電量販店を増やす方針か。

 「拙速で拡大させるつもりはない。支援する体制が整っていなければ、販売店に迷惑をかけかねない。(現在取り扱っている)3社との結び付きを強めることが先決だ」

──PCは差別化がしにくい。特徴的なモデルを出さなければ、シェア拡大は難しい。

 「確かにそうで、後発の当社の商品を販売店に販売してもらい、消費者に購入してもらうためには、買い替え需要を促進して市場そのものを広げるような、魅力的なモデルを投入しなければならない。5月21日に発表した8.9インチモニタのミニノートPC『HP 2133 Mini?Note PC』、これがHPらしさを示した回答の1つだ。あれほどの高スペックモデルを、低価格で商品化できるのは、グローバルでPCビジネスを展開しスケールメリットを生かせるHPしかない。今回は超小型ノートPC分野での新商品だったが、年内にいくつか新モデルを発売する計画をもっている」

──世界シェアはトップながら、日本国内シェアは遠くおよばない。目標シェアは。

 「最優先でシェアを追い求めるつもりはない。まずは継続的に利益を出せる事業基盤を築きたい。日本は他国に比べて競合が多く、安定的に利益を出すこと自体がチャレンジだ。その壁をぶち破った後にシェアを追求する。シェア目標を明示する段階ではないが、個人的には7?8%なければ存在感は示せないと思っている」




週刊BCN 2008年6月16日付 Vol.1239より転載

オススメの記事