KOUZIRO、カプコンの「ロスト プラネット コロニーズ」の推奨スペックPC

ニュース

2008/06/11 15:26

 KOUZIRO(山田健介社長)は6月10日、カプコンのアクションシューティングゲーム「ロスト プラネット コロニーズ」の推奨スペックを搭載するデスクトップPCを発売した。同社の直販サイト「フロンティアゲーマーズ」と電話通販窓口で販売し、最小構成価格は13万9800円。

 オリジナルPCブランド「FRONTIER」の「G-BREAKシリーズ」をベースとするミドルタワーのデスクトップPCで、CPUはCore 2 Quad Q9300(2.5GHz)、3GBのDDR2メモリ、500GBのシリアルATA HDDを搭載。最新グラフィックカードのGeForce 9600GTを内蔵し、光学ドライブにはすべてのDVD規格に対応するDVDハイパーマルチドライブを採用した。OSはWindows Vista Ultimate SP1で、BTOによるカスタマイズにも対応。「ロスト プラネット コロニーズ」のソフトと、同ゲームの推奨ゲームパッド「Microsoft Xbox 360 Controller for Windows」を同梱する。

 「ロスト プラネット コロニーズ」は、これまでに全世界で160万本以上を販売したアクションシューティングゲーム「ロスト プラネット エクストリーム コンディション」に、オンライン機能を中心に新要素を追加したバージョン。

オススメの記事