プリンストン、WXGA+表示対応の19型ワイド液晶タブレット

ニュース

2008/06/10 19:17

 プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は6月10日、19型ワイド表示に対応する液晶タブレット「PTB-TMW19B」を、6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は12万8000円の見込み。

 最薄部で24mmを実現したスリムな19型ワイド液晶タブレット。付属の専用ペンで、画面に直接入力することができ、PCの操作やデザインの描写を直感的に行える。筆圧の強弱は1024レベルに対応し、繊細な表現や色の濃淡などの描画が可能。

 液晶部の仕様は、最大解像度1440×900(WXGA+)表示に対応し、応答速度5ms、輝度300cd/m2、コントラスト比850:1。視野角は水平170度、垂直160度。ディスプレイの角度も5-65度まで調整可能で、作業しやすい角度に調節できる。入力インターフェイスはミニD-Sub 15ピン。対応OSはWindows Vista/XP/2000、Mac OS10.2.8以降。

 このほか、ポスターや図形などを簡単に作成できる「Corel Draw Essentials 3」、フォトレタッチソフト「Corel Photo-PAINT Essentials 3」、Windows XPで手書きテキスト入力ができる「MyScript Stylus」、Power Pointでの文字入力などが可能な「Power Presenter RE」などのソフトを付属する。

オススメの記事