バイ・デザイン、地デジチューナー搭載16型/19型液晶TV、4万円台で

ニュース

2008/06/09 16:15

 バイ・デザイン(飯塚克美社長)は6月6日、地上デジタルチューナーを搭載した液晶テレビとして16型の「LW-1600DJ」と、19型の「LW-1908DJ」を直販サイトで発売した。価格は「LW-1600DJ」が4万4800円。「LW-1908DJ」が4万9800円。

 2機種とも、地上アナログ/デジタルチューナーを搭載し、EPG(電子番組表)に対応する。なお、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、データ放送、双方向通信には対応していない。

 「LW-1600DJ」は、最大解像度が水平1366×垂直768ドットのハイビジョン対応液晶パネルを採用。コントラスト比は500:1、輝度は250cd/m2、応答速度は8ms。カラーはブラックで、ホワイトモデルは7月初旬に発売する。

 「LW-1908DJ」は最大解像度が水平1440×900ドットのハイビジョン対応液晶パネルを採用。コントラスト比は1000:1、輝度は380cd/m2、応答速度は5ms。幅443×高さ379×奥行き210mm。重さ4.8kg。

 このほか、2機種とも入力端子にHDMI、PC入力、D4、Sビデオ入力、コンポジットを各1系統備える。「LW-1908DJ」は、更にヘッドホン端子1系統を装備。また、見やすい角度に調節可能なチルト機能や、スリープタイマー機能を搭載。多機能リモコン付属しており、別売りオプションとして専用壁掛け金具を用意している。

オススメの記事