サンディスク、超小型パソコンの記録媒体向けSSD3種類を発表

ニュース

2008/06/06 10:30

 サンディスクコーポレーションは6月4日、フラッシュメモリを使った記憶機器ソリッドステートドライブ(SSD)の「pSSD(パラレルATAソリッドステートドライブ)」を発表した。8月に発売する。

 容量は4、8、16GBの3種類。いずれも読み取りスピードは毎秒39メガバイト、書き込みスピードは毎秒当たり17メガバイト。超小型PCなどで、HDDに代わるOSやアプリケーションの保存媒体としての利用を見込む。

オススメの記事