クレオ、電子地図ソフト「プロアトラスSV4」、地下街マップを収録

ニュース

2008/05/28 14:21

 クレオ(土屋淳一社長)は5月27日、Windows用電子地図ソフト「プロアトラス」シリーズに、ユーザーインターフェイスのデザインを一新した「プロアトラスSV4」4タイトルを7月4日に発売すると発表した。

 「プロアトラス」は、自由な操作性を実現するスーパーベクトル地図を採用し、情報の精密さとグラフィックの美しさが特徴の電子地図ソフト。ローカル型電子地図ソフトでは唯一、東名阪の航空写真データを収録。建物や住所を番地・号レベルまで指定できるピンポイント住所検索や、移動手段が選べるルート検索などの検索機能のほか、画像の登録やGPS機能、モバイル機器への地図の切り出しといった編集機能も搭載する。

 最新版「プロアトラスSV4」では、地図の美しさが際立つようユーザーインターフェイスのデザインを一新。13階層の縮尺切り替えが可能な地図に加え、新たに主要都市の地下街マップを収録する。CSVデータからの分布図自動作成機能の強化や年賀状ソフト「筆まめ」との連携など、ビジネス用途向けの機能をさらに強化。また、ガイドブックと2010年までの長期サポートを付属する。対応OSはWindows Vista、XP、2000。

 ラインアップと価格は、スタンダード版「プロアトラスSV4全国版DVD」が1万290円、1年間地図データを最新版に更新できる「1年間地図データ更新パック付」が1万5540円、「アップグレード・乗り換え専用 1年間地図データ更新パック付」が9975円、「首都圏・中部・関西版」が8190円。なお、「プロアトラスSV4全国版CD」は、直販サイト「筆まめDirect」のみの販売。

オススメの記事