日本サムスン(李昌烈社長)は5月22日、スタンド付きの32型液晶ディスプレイ「SyncMaster 320PX(SLS)」を6月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は9万9800円前後の見込み。

 会議室用プロジェクターの代替品としても使える1366×768ドット表示対応の32型液晶ディスプレイ。輝度は410cd/m2、コントラスト比は1200:1、応答速度8ms。フルデジタル高画質処理システムDNIe Pro(Digital Natural Image Engine Pro)を採用し、3次元ノイズリダクションや映像補正アルゴリズムにより、コントラストとホワイトバランスを最適化し、クリアで鮮明な映像を映す。

 独自開発のソフトウェア「MagicRotation」を搭載し、縦画面表示に対応するほか、画面を分割表示するPBP(Picture By Picture)や、主画面に子画面を重ねて表示するPIP(Picture In Picture)にも対応する。なお、スタンドの設置面積は54×53cm。

 このほか、液晶ディスプレイ単体での販売も行う。発売は6月上旬で、価格はオープン。