富士フイルムは5月22日、顔検出を応用したセルフタイマー機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix(ファインピックス) Z200fd」を6月7日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は4万円前後の見込み。


 有効1000万画素のCDDと35mmフィルムカメラ換算で33-165mmの光学5倍ズームレンズを採用。最大10人まで検出が可能な顔検出機能「顔キレイナビ」を活用したセルフタイマー機能「恋するタイマー」と「みんなでタイマー」を新たに搭載。ツーショット撮影や集合写真の失敗を軽減できるようにした。

 「恋するタイマー」はツーショット撮影用のセルフタイマー機能で、被写体2人の顔をカメラが検出。その後、2人顔の距離が接近するとタイマーがスタート、2秒後にシャッターを切る。タイマーがはたらく顔の距離は「お友達」「仲良し」「ラブ」の3段階で設定が可能。「ラブ」の場合、お互いの頬が触れるくらいの距離になる。

 一方、「みんなでタイマー」は集合写真用のセルフタイマー機能。あらかじめ設定した人数の顔をカメラが検出すると、タイマーが稼動し、2秒後にシャッターを切る。顔検出を行う被写体の数は4人まで登録が可能。

 CDDシフト式の手ブレ補正とISO 1600の高感度撮影機能を備えており、手ブレ・被写体ブレを抑えることができる。撮影場面で最適な発光量と感度を自動で調整する「iフラッシュ」も搭載した。

 デザインは前モデル「Z100fd」を踏襲し、縦型で平面なスクエアフォルムと斜めに稼動するレンズカバーを採用。表面にはUV塗装も施した。背面はシンプルなボタンレイアウトとホイールダイヤルにすることで使い勝手も追求した。

 記録媒体は約52MBの内蔵メモリのほか、外部メモリにSD、SDHCメモリーカード、xD-ピクチャーカードを使用する。サイズは幅92×高さ55.7×奥行き20mm。バッテリーとメモリーカードを含んだ重さは約150g。カラーはピンク、シルバー、レッド&ブラック、ブラックで展開する。