日本ビクター、マグネシウム合金振動板を採用したスピーカーシステム

ニュース

2008/05/16 10:12

 日本ビクターは5月15日、振動板にマグネシウム合金を採用したスピーカーシステム「SX-M3」を、6月上旬に発売すると発表した。価格は1本で9万9750円。

 ツィーターとウーファーに、付帯音が少なく歯切れよい音を再生するマグネシウム合金を採用した。中心からドームの頂点をずらして共振を分散させる「オブリドーム振動板」により、原音に近い音が再現できる。ウーファーはダンパー形状を採用したことに加え、磁気ギャップの対称性を高めた磁気回路を搭載し、リニアリティを高めている。

 本体の側面は強度の高いMDF材をチェリー突き板ではさんだ板材と、チェリー無垢材の響棒を使用し、キャビネット部の音響に配慮した。ウーファーは背面から固定する構造で、駆動点を安定させて音質への影響を低減している。1本あたりのサイズは幅21.7×奥行き27.65×高さ35.8cmで、重さは11.5kg。

オススメの記事