スカイプ、世界34か国の固定電話に「最大1万分」国際電話できる定額プラン

ニュース

2008/05/14 19:57

 スカイプ・テクノロジーズ S.A.(スカイプ、ジョシュ・シルバーマンCEO)は5月14日、無料IP電話ソフト「Skype」を使って、定額で世界34か国の固定電話に国際電話をかけられる「月額プラン」のマスコミ向け説明会を開催した。

 「月額プラン」は4月22日より提供しているサービスで、世界34か国の固定電話や携帯電話への国際電話を低額の月額料金で利用できる。1か月単位から契約可能で、「1ヶ国限定プラン」「アジア限定プラン200」「世界中どこでもプラン」の3種類の通話プランを用意。なお、1か月間に最大3回までのプラン変更ができるという。


 各プランの特長と利用料金は、34か国のうち1か国の固定電話に1か月最大1万分の通話を発信できる「1ヶ国限定プラン」が月額695円、台湾や中国、日本、香港の固定電話と携帯電話に毎月200分の通話ができる「アジア限定プラン200」が月額895円、34か国の固定電話に1か月最大1万分の通話を発信できる「世界中どこでもプラン」が月額1495円。なお、通常かかる4.9円の接続料は月額プランの場合発生しない。 

 支払い方法は、クレジットカード、Skypeクレジット、Paypalから選択できる。解約の場合は、日割り計算のうえSkypeクレジットで払い戻される。また、5月31日までに、3か月か12か月の長期契約を申し込むと、月額料金の33%が割引される「月額プラン開始キャンペーン」を実施している。


 このほか、月額プランに申し込むと、「050」で始まるIP電話のオンライン番号「SkypeIn番号」が、「世界どこでもプラン」には3つ、そのほかのプランには1つ付属する。また、「Skype to go」と「Skypeボイスメール」の利用が可能になる。

 「Skype」は、08年2月現在、全世界で3億900万人のユーザーが登録している。さらに、08年1月-3月の間に3300万人のユーザーが新たに会員に加わっており、1日あたり36万人の加入があった計算になる。スカイプ日本オフィスの岩田真一・ジェネラルマネージャーは「スカイプは広告を一切出していないので、クチコミなどによるバイラルマーケティングが機能していることを証明している。それだけユーザーに信頼されていると考えていいだろう」と述べた。 

 また、最近の利用傾向について「ビデオ通話の需要が伸びていて、Skype同士の通話のうち、28%がビデオ通話を利用している」(岩田ジェネラルマネージャー)と説明した。

オススメの記事