ユニットコム(大野三規社長)は4月15日、液晶アームのオリジナルブランド「凄腕」シリーズで、「UNI?LCD?ARM01」「UNI-LCD-ARM02」「UNI-LCD-ARM03」の3モデルを発売すると発表した。価格は、取り付け工具付きで「UNI-LCD-ARM01」が2980円、「UNI-LCD-ARM02」と「UNI-LCD-ARM03」は3980円。

 3モデルともブラックフレームを採用し、ブラックやシルバーの液晶ディスプレイとマッチしたデザインを施す。「UNI-LCD-ARM01」は、1支点アーム構造のシンプルな液晶アーム。「UNI-LCD-ARM02」は、2支点アーム構造なのでアームを伸ばしたり縮めたりすることができる。「UNI-LCD-ARM03」は、微妙な角度調節にも対応し、固定方法はクランプ固定とデスクトップ固定、壁面固定の3種類の取り付けが可能。3モデルとも、チルト角調整や縦回転に対応する。対応液晶サイズは14-22型で、耐荷重は10kg。