富士フイルム(古森重隆社長)は4月3日、動画撮影ボタンや動画編集機能を搭載したコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z20fd」を、4月19日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は2万8000円前後の見込み。

 有効1000万画素のCCD、最高感度ISO1600の高い基本性能に加え、35mmフィルム換算で35-105mm相当の光学3倍ズームレンズを搭載したコンパクトデジタルカメラ。「FinePixシリーズ」として初めて動画専用の撮影ボタンを搭載し、起動中にワンタッチで動画モードに切り替えることができる。

 また、別々の動画ファイルを1つにつなげて保存する「つなぎ撮り」モードや、必要な部分だけを抜き出して保存できる「動画カット」機能など、豊富な編集機能を搭載し、本体のみで動画編集ができる。このほか、最大10人まで検出できる顔検出機能や、検出した顔に自動でデコレーションを付ける「顔デコ」機能など、静止画の撮影機能も盛り込んだ。

 動画ファイル形式にはMPEG?4を採用し、ブログや動画共有サイトにアップする際、専用ソフトを使わずにそのままアップできる。高速赤外線通信機能(IrSimple/IrSS)を使えば、デジカメから携帯電話に動画や写真を転送することも可能。

 「デュアルスロット」を備え、xD-ピクチャーカードとSD/SDHCメモリカードに記録可能。。約45MBの内蔵メモリも搭載する。液晶サイズは2.5型、本体サイズは幅91.3×高さ56.3×厚さ18.8mm、重さ約127g。カラーバリエーションは、ピンク、レッド、ブルー、ブラックの4色。