ピクセラ、ウオーキングサービス提供のため日本ウオーキング協会などと提携

サービス

2008/03/10 10:04

 ピクセラ(藤岡浩代表取締役)は、ウオーキングサービスを提供することを目的に、日本ウオーキング協会とクラブニッポンと業務提携する。今後3社は「?ウオーキングを通じた「健康」「環境」「地域活性」プロジェクト?」を立ち上げ、全国で展開していく。

 日本ウオーキング協会の会員に対し、クラブニッポンが企画・運営する「会員管理・ポイント付与・携帯認証・ICカード」などの「会員支援システム」と、ピクセラが製造・開発する「簡易GPS・歩行履歴管理システム」を提供し、ウオーキングに関する総合的なサービスを展開する。また、会社員や高齢者などを対象に、ウオーキング大会の開催や各種認定、健康商品の販売や会員管理システムによる個人・企業の健康管理などから「健康」を提供していく。

 また、歩くことで削減されるCO2の排出量を表示させることで、観光地などの自然あふれる地域では乗り物ではなく自分の足で歩こうという働きかけを行い、北海道ではフットパス(歩くことを楽しむための道)の整備を推進することで「環境」に配慮した生活習慣を促進する。

 さらに、全国各地でウオーキング大会などのイベントを開催し、地域行政による住民への健康増進の機会提供、行政施設の有効活用、観光地や商店街の活性化などにより、継続的な「地域活性」を支援する。

オススメの記事