ベルクス(梶並伸博代表取締役)とバンダイナムコゲームス(石川祝男社長)は2月22日、共同プロジェクト第2弾として、PC向けオンラインアクションシューティングゲーム「タンくる」の国内向けサービスを今夏に開始すると発表した。

 「タンくる」は、1985年にナムコが発売したファミリーコンピュータ用ゲーム「バトルシティー」をベースに、簡単で分かりやすいルールや操作感を生かしながら3D化。対戦やアイテムなど、オンラインゲームの特徴を生かした機能を盛り込み、現代風にアレンジした。サービスは、バンダイナムコゲームスが企画・開発を担当し、ベルクスが販売・運営を行う。