ユニットコム(大野三規社長)は2月22日、NVIDIA製のグラフィックチップ「NVIDIA GeForce 9600 GT 512MB」を搭載したゲーム向けデスクトップPC3機種を発売したと発表した。CPUやメモリ、HDDがカスタマイズできるBTOに対応し、同社が運営するPCショップ、パソコン工房で販売する。

 3機種が共通して搭載する「NVIDIA GeForce 9600 GT 512MB」は、NVIDIA社の新型グラフィックカード「GeForce9シリーズ」のミドルクラスのグラフィックチップ。前シリーズで同じクラスの「8600 GT」などと比較して、大幅に性能が向上しているという。

 最小構成と価格は、「Amphis GS712iC2D」が、CPUにデュアルコアの「Core 2 Duo E6750(3GHz)」、メモリ2GB、容量320GBのHDDを搭載し、11万9980円。「Amphis GS713iC2Q-SR」は、クアッドコアCPUの「Core 2 Quad Q6600(2.4GHz)」を搭載し12万9980円、最上位モデル「Amphis GS912iC2Q」は「Core 2 Quad Q6600(2.4GHz)」を搭載し、容量500GBのHDDのほか、電源効率が高く安定性のある大容量700Wの電源を備え16万9980円。OSは全モデルでWindows XP Home Editionを標準搭載する。ディスプレイは別売り。