ドコモ、Style-Upパネルを採用したきせかえケータイ「SO705i」

ニュース

2008/02/18 19:18

 NTTドコモは2月18日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のきせかえケータイ「SO705i」を2月22日に発売すると発表した。

 半透明の「Style-Up パネル」と、ダウンロードに対応するイルミネーションパターンを組み合わせることで、電話の着信や、メールの受信時などに多様なイルミネーションを楽しむ事ができる。なお、「Style-Up パネル」は別売り。

 3.5世代携帯電話サービス「FOMA ハイスピード(HSDPA)」に対応するほか、予測変換機能に「POBox Pro」を搭載。変換候補をタブ形式で表示し、英数カナ候補などを簡単に選択できるほか、文字入力中のカーソルの移動の早さを入力詳細設定で好みの速度に設定できる。このほか、有効約200万画素のカメラ機能も備え、カメラで撮影した画像からデコメピクチャを作成できる「デコ絵つくーる」アプリなども盛り込んだ。

 折りたたみ時のサイズは、高さ105×幅49×厚さ15.2mm、重さは約100g。メインディスプレイは、約2.8インチ(ヨコ240ドット×タテ427ドット)フルワイドQVGA TFT液晶で、サブディスプレイには、約1.1インチ(ヨコ128ドット×タテ36ドット)を搭載。外部メモリーはmicroSDメモリーカード。カラーはCheek Pink、Charcoal Gray、Sugar Whiteの3色。

オススメの記事