三菱化学メディア(大塚重徳社長)は2月14日、2倍速記録に対応したHD DVD-Rメディアとして、データ用の「DR15NP5」と、録画用の「VR75NP5」を2月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は5枚入りで4500円前後の見込み。

 独自開発の高感度な色素記録膜を採用。これにより、2倍速品では従来の1倍速と同等の記録パワーで2倍速記録ができる。再生耐久性は100万回を大きく上回り、再生を繰り返しても高画質映像と高音質を楽しめる。また、インクジェットプリンタのレーベル印刷にも対応する。

 このほか、追記型片面2層1倍速HD DVD-R DL30GB「VR150TP5」も3月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5枚入りれ1万2000円前後の見込み。色素を使う追記型ディスクには相性のよい2P転写法を採用し、色素記録層での正確な記録マーク形成が可能という。