オリンパスイメージングは2月13日、世界初の光学20倍ズームと、手ブレ補正機能を搭載した有効画素数1000万画素のデジタルカメラ「CAMEDIA SP-570UZ」を3月6日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は6万円前後の見込み。

 35ミリフィルムカメラ換算で広角26mmから超望遠520mmの焦点距離の撮影に対応した20倍ズームレンズを搭載。CCDシフト式の手ブレ補正機構とISO6400までの高感度撮影により手ぶれを軽減する。

 撮像素子には有効画素数1000万画素のCCDを採用。さらに独自の顔検出機能「フェイス&バックコントロール」も搭載。逆光時など明るさが人物の顔と背景で異なるシーンでも適切な明るさで撮影できる。また500万画素に下げることで秒間7コマ、300万画素で13.5コマの高速連写も可能。シャッターボタンを半押し時に、シャッターボタンを押し切る前の10コマ分を記録する「プリキャプチャー機能」を備え、シャッターチャンスを逃さない撮影ができる。

 液晶モニタには2.7型23万画素の「ハイパークリスタル液晶」を搭載。外部メモリは容量2GBまでのxD-ピクチャーカードに対応するほか、45MBの内蔵メモリを備える。電源は単3アルカリ電池4本、または単3形ニッケル水素電池4本で、撮影可能枚数は390枚。本体サイズは幅118.5mm×高さ87.5mm×奥行き84mm、重さは445g。