パイオニア、高級スピーカーシステムに木目模様のデザインを追加

ニュース

2008/02/06 16:05

 パイオニアは2月5日、高級スピーカーシステム「EXシリーズ」の「S-3EX」で、天然木を使用したチェリーブラックの新色モデル「S-3EX-T」を追加し、2月下旬に発売すると発表した。

 天然木を使用した明るい木目調のトールボーイ型3ウェイスピーカーシステム。同社伝統の「TAD(Technical Audio Devices)」技術を投入した、ダークブラウンの従来モデル「S-3EX」と性能は同じ。

 マグネシウム振動板を使用するスピーカーユニット「CST」ドライバーと、高強度でありながら適度な内部損失があるセラミックグラファイト素材の振動板を採用し、高域再生周波数100kHzを実現した。直径16cmのウーファーは、アラミド織布とカーボン不織布の2種類の素材による積層構造からなり、磁束を均一化することで音のゆがみを低減させる「LDMC磁気回路」を搭載する。

 複数のスピーカーユニットを精密な曲面で配置し、音が同時にリスナーの耳に届くよう設計した「パーフェクト・タイムアラインメント・デザイン」を採用。そのほか、定在波の発生を低減させる「ABDテクノロジー」や「AFASTテクノロジー」、高音質化のために同社が独自で開発した技術コンセプト「フェイズコントロール」などを搭載する。

 スピーカー1本あたりのサイズは幅350×奥行き541×高さ1224mm、重さは48kg。価格は1本あたり36万7500円。

オススメの記事