ソニー、USB充電に対応し、CDに迫る高音質で録音できるICレコーダー

ニュース

2008/01/23 13:22

 ソニーは1月22日、ステレオICレコーダー「ICD-SXシリーズ」2機種を2月21日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は、容量2GBで本体カラーがブラックの「ICD-SX88」が2万5000円前後、1GBでシルバーの「ICD-SX78」が2万円前後の見込み。

 ICレコーダーでは業界最高クラスの80-20000Hzの広帯域録音が可能な「ステレオハイクオリティーモード(STHQ)」を搭載し、内蔵する直径10mmの大口径・高感度マイクで、遠くの小さな音もはっきり録音できるのが特徴。マニュアルでの録音レベル調整も行える。また、従来モデルに比べメモリ容量を増やし、STHQモードの場合で「ICD-SX88」なら約35時間30分、「ICD-SX78」でも約17時間25分録音できる。

 付属ソフト「Digital Voice Editor Ver.3.1」を使えば、オリジナルCDの作成やPC上での早聞き・遅聞きに加え、LPEC形式からMP3やWAVファイルへの変換も可能。電源は単4形乾電池2本。同サイズのニッケル水素充電池も付属し、PCのUSB接続による充電に対応する。

オススメの記事