松下、世界初の顔認識機能付きビデオカメラ、SDカード対応の2モデル

ニュース

2008/01/09 17:03

 松下電器産業は1月9日、世界で初めて顔認識機能を搭載したフルハイビジョン(フルHD)対応のデジタルビデオカメラ「HDC-SD9」「HDC-HS9」の2モデルを、1月25日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格はいずれも13万円前後の見込み。

 「HDC-SD9」は記録メディアにSDカードのみを採用し、本体の小型化を図ったコンパクトタイプ。一方、「HDC-HS9」はSDカードのほか60GBの内蔵HDDにも記録できる長時間記録タイプ。

 両機とも、デジタルビデオカメラとしては世界で初めて、動画記録時に被写体の顔を検出する「おまかせ顔認識」を搭載し、検出した人物の顔の明るさを自動で補正。初心者向けに、カメラの動きを自動検出し、「逆光」や「手ブレ」など撮影中の状態を表示する「おまかせナビ(撮影アシスト)」も搭載する。

 また、1チップで水平1920×垂直1080画素のフルHD映像のリアルタイムエンコードに対応した新世代システムLSI「新UniPhier(ユニフィエ)」を採用。撮影時の速い動きや、パンニング時の画質劣化を大幅に低減する。

 本体サイズは「HDC-SD9」が幅65×高さ67×奥行き126mmで、重さは275g、「HDC-HS9」が幅75×高さ74×奥行き126mmで、重さは390g。

オススメの記事