朝日電器、データの伝送特性に優れる無酸素銅を使用したHDMIケーブル

ニュース

2007/12/21 17:45

 朝日電器は、HDMI規格認証済みの「HDMIケーブル」と「HDMIフラットケーブル」計10種を12月に発売すると発表した。

 通常タイプ、フラットタイプともに、HDMI Licensing LLCのハイスピードHDMI Ver.1.3bカテゴリー2の認証済みで、高画質・高音質のデータを劣化させることなく高速伝送できる。通常タイプは外部からのノイズを大幅に低減する3重シールド構造を採用。またどちらも、ケーブル内部には伝送特性に優れた高純度99.99%の無酸素銅を使用し、サビなどによる画質劣化を防止する金メッキプラグを採用した。

 長さは、直径6mmのHDMIケーブルは0.5-5mの6種類、幅12mm、厚さ2.5mmのフラットな形状のHDMIフラットケーブルは1-3mの4種類。ケーブルの色はブラックで、長さ1mのHDMIケーブルのみホワイトタイプも用意する。実勢価格は、「HDMIケーブル」の0.5mが2800円前後、1mが3300円前後、1.5mが3800円前後、2.0mが4300円前後、3mが4800円前後、5mが6800円前後の見込み。「HDMIフラットケーブル」は1mが3500円前後、1.5mが4000円前後、2mが4500円前後、3mが5000円前後の見込み。

 同社では、今回のHDMIケーブルのほか、接続方向を変更してすっきりと配線可能な「HDMIスイングプラグ」や「HDMI-DVI変換プラグ」、ケーブル同士をつないで15mまで延長できる「HDMI中継プラグ」、複数のHDMI対応機器を切り替え使える「HDMIセレクター」などのHDMIアクセサリを08年に順次発売する予定。

オススメの記事