リンクス、特殊設計の静音PCケース、日本限定のホワイトモデルを発売

ニュース

2007/12/20 12:10

 リンクスインターナショナル(川島義之社長)は12月19日、Antec製静音ミドルタワーPCケース「NSK4000W」を12月22日に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は9000円前後の見込み。

 「NSK4000W」は、米Antec社製の天板を外せるPCケース「NSK4000」のホワイトモデルで、日本限定で販売する。きょう体には、耐久性に優れ、共振を起こしにくい0.8mm圧のスチールを採用した。

 ケースのリアに、スピードを3段階に調節できる120mmの冷却ファンを1基搭載する。速度を1200RPMから2000RPMまで設定でき、放熱効果と静音性の調節が可能。さらに冷却を強化する場合には、フロントに80mmファンを1基増設できる。

 インテルのアドバンストサーマルシャーシ熱伝導エアガイドに基づいたエアダクトを採用。可変式のエアガイドによりCPU間の距離を12mmから20mmに設定でき、高い冷却効果を得られる。フロントには吸気用の小さなスリットを左右に備え、外部から空気を取り込みながら、内部のノイズが外に漏れにくい設計を採用した。

 利用可能なドライブベイは5.25インチベイが3基、3.5インチベイが2基、3.5インチシャドウベイが3基で、拡張スロットは7基。3.5インチシャドウベイにはHDDの振動を吸収し、ノイズを抑えるゴムグロメットを採用した。サイズは幅198×奥行き419×高さ422mm、重さは6.5Kg。

オススメの記事