富士通、ノートPC春モデル、インテルの未発表CPU搭載モデルも

ニュース

2007/12/19 15:09

 富士通は12月18日、ノートPC「FMV-BIBLO」の08年春モデル、4シリーズ12機種を12月21日から順次発売すると発表した。ほぼすべてのモデルにWindows Vista Home Premium、2GBメモリを搭載するほか、Office Personal 2007もプリインストールする。価格はオープン。

 ラインアップは、17型ワイド液晶を搭載した「NXシリーズ」2モデル、15.4型ワイド液晶を搭載した「NFシリーズ」6モデル、モバイルノートPC「MGシリーズ」3モデル、ビジネス向けモバイルノートPC「LOOX Rシリーズ」1モデルの計4シリーズ12機種。

 「NXシリーズ」は、解像度1440×900ドット(WXGA+)の17型ワイド液晶を搭載したAV志向のノートPC。数字入力が手軽にできるテンキー付きキーボードも付属する。



 上位モデルの「NX95Y/D」は、CPUインテルの未発表の「Core 2 Duo」を搭載する。ブルーレイディスク(BD)ドライブ、地上デジタル・アナログチューナーを搭載する。無線LAN機能ではIEEE802.11a/b/gに準拠するほか、IEEE802.11n ドラフト2.0にも対応する。発売は08年1月で、価格は未定。下位モデルの「NX90Y/D」は、Core 2 Duo T7250(2GHz)、IEEE 802.11a/b/g無線LANなどを搭載する。発売は12月21日で、実勢価格は26万円強の見込み。

 「NFシリーズ」は、1280×800ドット(WXGA)の15.4型ワイド液晶を搭載。6機種中5機種に2GBメモリを搭載するほか、3機種には「Core 2 Duo」を搭載した。最上位モデル「NF75Y/D」のおもな仕様は、Core 2 Duo T7250(2GHz)を搭載。地上デジタルテレビチューナーも内蔵した。発売は12月28日で、実勢価格は23万円前後の見込み。


 モバイルノートPC「MGシリーズ」は、液晶サイズ、CPUなどが異なる3モデルをラインアップする。全モデルともOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007を採用する。

 最上位モデルの「MG90Y/V」は、14.1型ワイド液晶を搭載。インテルの未発表CPU「Core 2 Duo」を搭載するほか、ワンセグチューナーなどを搭載する。発売は08年2月で、価格は未定。廉価モデルの「MG50Y」は、13.3型ワイド液晶を搭載。CPUにCeleron 540(1.86GHz)、1GBメモリを搭載する。ワンセグチューナーは非搭載。発売は08年1月12日で、実勢価格は17万円前後の見込み。


 新たにに投入するビジネスモバイルノートPC「LOOX Rシリーズ」は、1280×800ドットの12.1型ワイド液晶を搭載。「LOOX R70Y」は、CPUにインテルの未発表の「Core 2 Duo」を搭載するほか、1GBメモリ、Windows Vista Businessなどを搭載する。約11.7時間の長時間駆動が可能なバッテリーを内蔵しながら、重さを1.27kgに抑えた。発売は08年1月で、価格は未定。

オススメの記事