シグマ、デジ一眼「SD14」に標準ズームレンズが付いたスターティングキット

ニュース

2007/12/17 18:04

 シグマは、06年11月に発売したデジタル一眼レフカメラ「SD14」にデジタル専用の標準ズームレンズ「17-70mmF2.8-4.5 DC MACRO」をセットにした「SD14スターティングキット」を12月16日に発売した。価格はオープンで、実勢価格は17万8000円前後。

 「17-70mmF2.8-4.5 DC MACRO」は35ミリフィルム換算で約29?120mmの焦点距離をもつ4.1倍ズームレンズ。ズーム全域で最短撮影距離20cmを確保し、被写体にレンズ先端から3cmまで接近して撮影ができる。持ち運びの振動で発生しやすいレンズの自重による伸長を防ぐズームロック機構を搭載。サイズは直径が79mm、長さ82.5mm、重さが455g。

 「SD14」は有効画素数1406万画素で、撮像素子のサイズが横20.7×縦13.8mmのFOVEON X3ダイレクトイメージセンサーを搭載する。秒間3コマの連続撮影のほか、ISO1600までの高感度撮影ができる。記録モードはJPEGとRAWで、外部メモリはコンパクトフラッシュとマイクロドライブ。視野率100%の15万画素2.5型TFTカラー液晶モニタを搭載する。サイズは幅144×高さ107.3×奥行き80.5mm、重さは700g。

オススメの記事