ソフトバンクM、2G携帯電話サービスの新規契約申し込み受付を08年3月に終了

サービス

2007/12/17 10:08

 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は12月14日、第3世代(3G)携帯電話サービスへの移行促進と、第2世代(2G)携帯電話サービス加入者の減少などを理由に、プリペイドを含む2G携帯電話サービスの新規契約申し込み受付を08年3月31日に終了すると発表した。

 なお新規契約申し込み受付終了後も、2G携帯電話サービスのユーザーには、2Gから2Gへの機種変更や「あんしん保証パック」の各種サービス、故障修理などのアフターサービスを含め、2G携帯電話サービスは継続して提供する。

 2G携帯電話サービスの新規契約の終了に伴い、2G携帯電話にのみ提供していたプリペイドサービスを終了し、08年2月上旬に新たに3G携帯電話のプリペイドサービスとして開始する予定。3Gプリペイドサービスのサービス内容、料金など詳細は、後日発表する。

オススメの記事