デル、同社初のB5サイズタブレットPC、最小構成で26万円台から

ニュース

2007/12/12 16:53

 デル(ジム・メリット社長)は12月12日、企業や教育・官公庁向けのノートPC「Latitude(ラティチュード)」シリーズで、同社初のB5サイズのタブレットPC「Latitude XT」を12月下旬に発売すると発表した。受注生産で販売する。価格は26万400円から。

 タッチスクリーンとスタイラスペンの両方での操作が行えるタブレットPC。ディスプレイに1280×800の12.1インチ液晶を採用し、低い圧力でも入力が可能。指やペン以外の入力や接触による誤動作や作業停止を防ぐ「手のひら感知機能」を備える。

 ノートPCのように開いた状態ではタッチパッドとトラックスティック、画面を上向きにして折りたたんだ状態では6つのボタン・キーにより、多彩な操作が行える。各ボタンは機能の割り当てをカスタマイズできる。画面は表示の向きを4方向に変更する自動回転機能付き。

 最小構成は、CPUにCore 2 Solo 超低電圧版 U2100(1.06GHz)、1GBのメモリ、40GBのHDD、DVD-ROMドライブOSにWindows XP Tablet PC Edition 正規版などを搭載。サイズは幅297.0×高さ25.4×奥行き218.6mm、重さは約1.62kg。

オススメの記事