ソニー、1.2型液晶パネル「BrightEra」搭載のデータプロジェクター

ニュース

2007/12/07 10:37

 ソニーは、新開発の1.2型液晶パネルを搭載するデータプロジェクター「VPL-FH300L」を08年2月12日に、「VPL-FW300L」を3月22日に発売する。価格はオープンで実勢価格は「VPL-FH300L」が400万円前後、「VPL-FW300L」は220万円前後の見込み。

 両機種とも、無機配向膜を採用した新開発の1.2型ワイド液晶パネル「BrightEra」を搭載することで、従来より強力な光源を使用できるようになり、高い輝度での投影が可能になった。「VPL-FH300L」は明るさが6000ルーメンで、解像度は2048×1080ドットのフルHD。一方、「VPL-FW300L」は、明るさ7000ルーメンで解像度1366×800ドットに対応する。2灯ランプシステムを採用し、固定1灯、オート1灯も選べ、シーンに応じた明るさで投影できる。

 ネットワークに接続すれば、Web経由で電源のオン・オフを制御可能。Eメールでランプの交換時期やエラー情報などを知らせる「メールレポート機能」も搭載する。PCに専用のアプリケーションをインストールすれば、RGBケーブルでつながなくても、有線/無線のLAN経由でPCの映像を投影できる。

オススメの記事