クリプトン、CVシリーズ第2弾、男女の双子ユニット「鏡音リン・レン」

ニュース

2007/12/04 10:10

 クリプトン・フューチャー・メディア(伊藤博之代表取締役)は12月3日、音声合成ソフト「VOCALOID2 鏡音リン・レン」を12月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は1万5750円前後の見込み。

 「鏡音リン・レン」は、声優の藤田咲さんの声をもとにした「VOCALOID 2 初音ミク」に続く、「キャラクター・ボーカル(CV)シリーズ」の第2弾。当初は少女のキャラクター「鏡音リン」だけだったが、ユーザーからの要望により男性キャラクター「鏡音レン」を追加し、2キャラクターのボイスを用意した。

 8月に発売した第1弾の「初音ミク」と同様、ヤマハの音楽技術を採用。メロディと歌詞を入力すると、まるで本物の歌手のように歌い上げる。「リン」「レン」のボイスには、ゲーム「THE IDOLM@STER(アイドルマスター)」の双海亜美・真美役を担当した声優の下田麻美さんを起用。一人二役を演じる。

 「リン」「レン」とも、声の通りが良く、明瞭ではっきりしたサウンドが特徴。また、ボーカルの声質を、さらに女性的にするなどの操作が可能な「ジェンダーファクター機能」との相性が良く、男性的な要素を加えることで、声に太さが加えられたソウルシンガー風になり、逆に女性的な要素を強く加えることで、エレクトリックな質感の「チビ声」「ロボボイス」に対応する。

 少女の「リン」と少年の「レン」は、ともに14歳という設定。「リン」の得意ジャンルはエレクトロ&ロック系ポップス、歌謡曲から演歌系ポップスで、得意な曲のテンポは85-175BPM、得意な音域はF#3-C#5。「レン」の得意ジャンルはダンス&ロック系ポップス、歌謡曲から演歌系ポップスで、得意なテンポは70-160BPM、得意な音域はD3-C#5となっており、「レン」の方が低域に強い。


クリプトン・フューチャー・メディアhttp://www.crypton.co.jp/
「VOCALOID2 鏡音リン・レン」WEBサイト


■関連記事
本日の機種別ランキング【サウンド関連ソフト】
大ブレイクの「初音ミク」、売り上げもぶっちぎりのトップを爆走中!
ドワンゴ、携帯電話向けに「初音ミク」の着うた・着うたフルを配信
ロケットスタート、ブログ上で初音ミクが踊り出す「踊る初音ミク」を公開

オススメの記事