ソフトバンクM、鏡面仕上げのケータイ「MIRROR 821P」、淡い5色のカラバリ

ニュース

2007/11/29 12:54

 ソフトバンクモバイル(孫正義社長)は11月28日、表面を鏡面仕上げにしたパナソニック モバイルコミュニケーションズ製の携帯電話「MIRROR 821P」を11月30日に発売すると発表した。

 表面に多層膜蒸着処理のミラーパネルを採用し、見る角度によって色が変化する鏡面仕上げが特徴。ヒンジ部分のボタンを一押すとケータイが開く「ワンプッシュオープン」で片手で操作できる。あらかじめ設定しておけば、着信やメール受信の際に通話や受信ボックスの閲覧も行える。

 キーには立体形状ボタン「ウェーブタイルキー」を採用し、操作性を向上した。メインカメラは有効200万画素で、オートフォーカス対応に加え、最大約10倍のデジタルズーム、最短約8.5cmまでの接写、連続15枚の連写なども行える。このほか、パソコン用サイトを閲覧できる「PCサイトブラウザ」や「S!タウン」「着うたフル」「電子コミック」「国際ローミング」など各種サービスに対応する。

 メインディスプレイには解像度240×400ドットの2.8インチワイドQVGAのTFT液晶、サブディスプレイは0.77インチの有機ELを搭載。外部メモリはmicroSDカード。折りたたみ時のサイズは約幅50×高さ104×厚さ15.9mm、重さは約113g。カラーはミラー パープル、ミラー ブラック、ミラー シルバー、ミラー ブルー/グリーン、ミラー ピンク/ゴールド。



ソフトバンクモバイル=http://mb.softbank.jp/mb/
パナソニック モバイルコミュニケーションズ=http://panasonic.co.jp/pmc/


■関連記事
本日の機種別ランキング【携帯電話】
ソフトバンクM、fanfun.815 T.M.Revolutionモデル登場、限定Tシャツ付きで
ソフトバンクM、シャープ製「920SH」、パナソニック製「820P」を11月17日に
ソフトバンクM、上質感にこだわった「プレミアム」な冬モデル10機種を発表

オススメの記事