シグマA・P・O、カラフルなキーボードにUSBポートを2つ搭載

ニュース

2007/11/29 10:13

 シグマA・P・Oシステム販売(菅野高吉代表取締役)は11月28日、USBポートを搭載するキーボード「ELPH106シリーズ」を12月上旬に発売すると発表した。価格はオープンで、実勢価格は4980円前後の見込み。

 「ELPH106シリーズ」は、薄型のパンタグラフ式キーボードのブランド「Elysium(エリシュウム)」の第3弾。今回はテーマを「レトロフューチャー」として、鮮やかなソリッドカラーを採用したのが特徴。カラーはスカーレット、ネイビー、ブラック、ホワイトの4色。

 USBポートを2つ搭載するほか、「www」「E-mail」「Volume(mute)」「Volume(up)」「Volume(down)」の操作をワンタッチで行える5つのホットキーを装備する。キートップ下にパンタグラフ・キーを採用、中央にシリコンラバーキャップを内蔵し、約800万回の使用に耐えられる。裏面にはチルトスタンドを2つ備え、ボードの角度を調節できる。

 本体サイズは幅429×奥行き179×高さ26mm、重さは約600g。キーピッチは19mm、キーストロークは3.0±0.5mm。

シグマA・P・Oシステム販売=http://www.sigma-apo.co.jp/
「ELPH106シリーズ」=http://www.sigma-apo.co.jp/front/products/detail/ELPH106


■関連記事
本日の機種別ランキング【キーボード】
水に強い1000円台のモデルがトップ、価格の2極化が進むキーボードの売れ筋
ロジクール、波のように起伏のあるキー配置を採用したUSBキーボード

オススメの記事