ワーズギア、松下幸之助のデジタルコンテンツをセットにした読書端末

ニュース

2007/11/27 20:13

 ワーズギア(大槻隆一社長)は11月27日、読書端末「Words Gear(ワーズギア)」本体と、松下電器産業の創業者・松下幸之助のデジタルコンテンツをセットにした「松下幸之助 電子書籍パッケージ『道』」を12月5日に発売すると発表した。同社の電子書籍販売サイト「最強☆読書生活」で販売し、価格は5万9800円。11月28日から予約を受け付ける。

 「Words Gear」本体と、コンテンツ収録済のSDメモリーカードをセットにした製品。SDメモリーカードを「Words Gear」に挿すだけで、手軽に電子書籍を読むことができる。

 収録コンテンツは、初電子化の7冊を含む電子書籍27冊をはじめ、オーディオ10話とビデオ動画7本の計44作品。「PHP研究所」「松下電器歴史館」に所蔵されている松下幸之助の著書・音声・動画を厳選し、「Words Gear」用に電子書籍として編集した。オーディオやビデオ動画では松下幸之助の肉声を聴くことができる。

 また、「Words Gear」だけではなく、パソコンで閲覧することも可能。対応OSはWindows Vista/XP/Me/98SE。このほか、専用ブックカバー、オリジナルスタンド、ステレオインサイドフォンも付属する。

 「Words Gear」は、書籍や音楽、静止画、動画などのデジタルコンテンツを楽しむことができる読書端末。ワンタッチで画面を上下反転できる「イージーセンサー」をグリップ部に採用し、左右の持ち手を問わず片手で操作できる。モニタには、小さなルビも見られる5.6インチの高解像度カラー液晶(1024×600ピクセル)を搭載。文字やイメージを5段階に拡大することもできる。本体は文庫本サイズで、重さは325g。音声付電子書籍も視聴可能なヘッドホン端子が付属する。

ワーズギア=http://www.saidoku.com/
「最強☆読書生活」=http://www.saidoku.com/


■関連記事
ワーズギア、動画や音楽も楽しめる電子書籍端末を発売、配信サービスも開始
松下電器など3社、文庫サイズの読書端末「Words Gear」を発売

オススメの記事