シグマA・P・O、Windows Vista対応のUSB-RS232Cコンバーターケーブル

ニュース

2007/11/26 18:47

 シグマA・P・Oシステム販売(シグマA・P・O、菅野高吉代表取締役)は、USB-RS232Cコンバーターケーブル「URS232-2」を12月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2800円前後の見込み。

 「URS232-2」は、USBポートをシリアルポート「RS-232C」に変換するコンバーターケーブル。TAデジタルカメラ、PDAなどのRS-232Cインターフェイス搭載の周辺機器を接続できる。また、変換回路をコネクタ部分に内蔵し、機器を接続した場合でも邪魔にならないという特徴もある。

 RS-232CシリアルデバイスをUSB経由で構成することで、Plug&Playが有効になり、パソコンの電源を入れたままでも接続や取り外しができる「ホットプラグ」も可能。なお、本器はWindows標準のCOMポートとして認識される。

 対応OSはWindows Vista/XP/2000。サイズは、約幅55×奥行き39×高さ17mm、ケーブルを含む重さは約30g、ケーブル長は約0.2m。電源供給方式はバスパワー。

シグマA・P・Oシステム販売=http://www.sigma-apo.co.jp/


■関連記事
シグマA・P・O、レーザー式マウス、ケーブルとUSBコネクタをすっきり収納
シグマA・P・O、AC電源をUSBに変換するモバイルアダプタ
シグマA・P・O、天然木とフェイクレザーを採用した4ポートUSBハブ、各3色で

オススメの記事