タカラトミー、人が住んでいる目覚まし時計、早起きすると人生ばら色に

ニュース

2007/11/26 16:15

 タカラトミー(富山幹太郎社長)は、液晶画面付き目覚まし時計「人生時計」を11月29日に発売する。価格は3990円。

 液晶画面を搭載したコンパクトな目覚まし時計で、液晶画面の中に「新米サラリーマン」「リーゼントバンドマン」「年頃の女の子」という3人の「時計の住人」が住んでおり、1人だけ選択することができる。なお、住人によってアラーム音や生活風景などが異なる。

 目覚まし時計の機能として、事前に指定した時刻になるとアラームが鳴る「アラーム機能」、二度寝を防止する「スヌーズ機能」を搭載。きちんと目覚まし通りに起きる生活を続けていくと、「住人」たちも幸せな生活を送ることができる。またアラーム音もバイオリンの音色など、優雅なものへと変化していく。

 一方、何度もスヌーズ機能を使ったり、起きられずアラームを止められなかった場合、「住人」たちも寝坊し、徐々に怠け者になり、結果として「アンハッピーな人生」を送るハメになってしまう。アラーム音もフライパンを叩くような騒音に似た音に変化するという。なお、同社では「この騒音、耳障りではあるが、目が覚めやすくなる効果がある」としている。

 このほか、セットした時間よりも早くにアラームを鳴らす「お出かけタイマー」も搭載。セットした時間の10分前から1分前まで調整可能で、ユーザーの出かける時間を知らせてくれる。またキッチンタイマー機能も搭載する。

 本体サイズは幅74×高さ74×奥行き37mm、重さ約200g。電源は単3乾電池3本。カラーはブラック、ホワイト、ライムグリーン、オレンジ、ビビットピンク、ライトブルーの6色。



タカラトミーhttp://www.takaratomy.co.jp/
「人生時計」=http://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei-tokei/


■関連記事
なぜ貯金箱が爆発しなければならないのか? 「貯金爆弾」の謎に迫る
タカラトミー、貯金しないと「爆発」する貯金箱、「人生銀行」の新シリーズ
タカラトミー、3畳1間で暮らす貧乏住人をリッチにする貯金箱「人生銀行」
ツンデレTV無事発売、謎に包まれたツンデレボイスを動画とともに一挙公開
ツンデレTV、ついに発売!!! 「ツン」から「デレ」まで、変化を徹底検証

オススメの記事