NEC、「N905i」「N905iμ」を公開、新機種で国内トップシェア獲得に意欲

ニュース

2007/11/22 16:55

 NECは11月21日、携帯電話の07年度下期の販売戦略説明会を開催し、NTTドコモ向けの最新端末「N905i」と「N905iμ」を発売に先駆けて公開した。

 「N905i」は、「Smart Mobile Speeder」をテーマにした、NEC初のワンセグ対応端末。ワンセグの予約録画やタイムシフト再生が可能で、視聴中にメールを受信するとテロップで通知する「クイックインフォ」機能を搭載した。横画面でワンセグを視聴していた場合、端末を縦画面のスタイルに戻すと、自動的にメール画面が表示されるなど、細かい使い勝手も工夫した。



 顔検出とオートフォーカス機能付きの有効520万画素のカメラを搭載。縦・横、前後のブレに対し、6軸方向で手ブレを補正する「6軸手ブレ補正」と「被写体ブレ補正」の機能も備えており、「携帯電話ではトップレベル」(大澤斉・モバイルターミナル事業本部商品企画部グループマネージャー)の撮影性能を実現したという。折りたたみ時のサイズは高さ109×幅49×厚さ19.6mm、重さは133g。カラーは、ブラック、ホワイト、ピンク、レッドの4色。11月28日に発売する。

 一方、「N905iμ」は「Attractive Middle Note」をテーマに開発した。働く女性をターゲットに想定。デザインは「使うほどに体になじんでいくような、香水のようなケータイ」を目指したという。



 サイズはドコモの「90X」シリーズで最薄の12.9mm。背面に左右2つのイルミネーションを搭載し、さまざまな色と発光パターンで光を演出する。「前モデル『N904i』の機能を全て盛り込みながら、より薄く、よりスタイリッシュに仕上げた」(大澤氏・同)という。サイズは高さ108×幅50×厚さ12.9mm。カラーはビーナスゴールド、オパールホワイト、グラファイトブラック、ブルゴーニュレッドの4色。発売日は11月30日。

 2機種ともに、3.5世代携帯電話(3.5G)「HSDPA」に対応したドコモの「FOMAハイスピード」サービスが利用可能。欧米などで利用されている携帯電話の通信方式「GSM」にも対応する。

 そのほかにもGPS機能を搭載し、モバイルGoogleマップのソフトをプリセットした。iモードのブラウザはタブ表示が可能で、最大5つのサイトを同時に表示できる。待受画面やメール閲覧中の画面からiモード内の検索が行なえるようにするなど、ブラウザの性能も高めた。

 説明会で、小島立・モバイルターミナル事業本部副事業本部長は「今回の機種は、06年7月に設立した携帯電話の企画・開発・販売の専門部署『NEC クリエイティブスタジオ』で、企画からプロモーションまで一貫して作り上げた初の製品。904iシリーズよりもさらに進化した『N』を感じて欲しい」と話した。



 また、「これまでのNECの携帯電話はどの機能も平均して80点というものが多かったが、これからはユーザーの心に引っ掛かるような特徴があるモデルを打ち出して、国内トップシェア獲得を目指す」と意気込みを述べた。

 佐藤敏明・クリエイティブスタジオチーフクリエイティブディレクターは「NECは日本の携帯電話のパイオニアという自負があるが、それに甘んじていてはダメだ」と話す一方、「これからのケータイは機種のコンセプトをユーザーにアピールすることが重要。『N905i』は『ビジネスパーソンがインターネットやワンセグで情報を快適に収集できる端末』、『N905iμ』では『女性がパーティなどに持って行けるような高級感のある端末』として開発した」と述べた。



 NECは、ほかにもドコモ向けに「N705i」「N705iμ」を開発。07年度下期に合計4機種をドコモ向けに供給する予定。小島氏は「新しい販売方式が導入されるなど、携帯業界に非常に厳しい変化があるが、その変化をチャンスに変えていきたい」と意欲を見せた。



NEC=http://www.nec.co.jp/
NTTドコモ=http://www.nttdocomo.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【携帯電話】
ドコモ、国際ローミングやHSDPAに対応した905iシリーズ
ドコモ、薄さにこだわった個性派デザインの705iシリーズ
ドコモ、デジカメ並み「Cyber-shotケータイ」などフル機能の905iシリーズ
ドコモ、海外でも使える薄さ11.4mmの携帯電話「N704iμ」を7月20日発売

オススメの記事