KDDIは11月21日、携帯電話ブランド「au」で、「au design project」の第7弾モデル「INFOBAR 2(インフォバー ツー)」を12月1日に発売すると発表した。店頭での実勢価格は、KDDIが2年間の継続利用を条件に2万1000円を補助する「フルサポートコース」の場合で2万円前後の見込み。

 「INFOBAR 2」は、デザイナーの深澤直人氏がデザインを担当。デザインコンセプトは「溶けた飴」で、端末の角を取り、曲面を多用した丸みのある端末に仕上げた。カラーはシルバー、ミドリ、ニシキゴイ、ウォームグレーの4色。

 ディスプレイはコントラストが高く美しい映像が楽しめる有機ELで、サイズは2.6インチワイドで解像度はQVGA。ワンセグの受信に対応する。ワンセグ視聴では録画予約やタイムシフト再生、番組のジャンルに最適な音声や画質を選択できるシーンセレクト機能などの機能を搭載した。

 「おサイフケータイ」やGPSサービス「EZナビウォーク」などにも対応する。カメラは有効197万画素。外部メモリはmicroSDメモリーカードを使用する。本体サイズは幅47×高さ138×奥行き15.5mm、重さは104g。

 同時に東芝製端末「A5529T」も11月22日から順次発売すると発表した。2.6インチの液晶ディスプレイを搭載。読みやすい「でか文字」を採用することで表示文字を大きく見やすくした。実勢価格は「フルサポートコース」の場合で1万円前後の見込み。

 キーはふくらみのある大きな「ドーム型キー」を採用し、両手でも片手でもキーの押し間違いを抑えることで操作がしやすくした。通話やメールの使用量を確認して使いすぎを防止する「使用量確認機能」や「制限モード」も備えた。

 カメラは有効130万画素のデジカメを搭載し、外部メモリはmicroSDメモリカード。カラーはブリーズゴールド、カームピンク、ゲイルブラックの3色。本体サイズは幅50×高さ100×奥行き18.4mm、重さは109g。

KDDI=http://www.kddi.com/
「au」=http://www.au.kddi.com/
「INFOBAR 2」=http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/infobar2/index.html
「A5529T」=http://www.au.kddi.com/seihin/kinobetsu/seihin/a5529t/index.html


■関連記事
本日の機種別ランキング【携帯電話】
KDDI、薄さ15.4mmのスリムなワンセグ端末「W53K」を11月17日に
KDDI、「W53T」に「ネイビーラピスラズリ」などカラバリ2色を追加