バッファロー、DSやPSPを簡単にネット接続できるUSB無線デバイス

ニュース

2007/11/22 10:46

 バッファローは11月21日、インターネットに接続しているPCのUSBポートに挿すだけで、家庭用ゲーム機「ニンテンドーDS」や「PSP」などを簡単にインターネットに接続できるソフトウェアルータ対応USB2.0用無線デバイス「WLR-UC-G」を12月中旬に発売すると発表した。税別価格は2640円。

 インタ?ネットにつながっているPCのUSBポ?トに接続すると、PCを無線LANの親機として使うことができ、無線通信によりニンテンドーWi-Fiコネクション対応ゲームやPSP、PlayStation3などのインターネット対応ソフトを楽しめる。

 設定方法はPCへ付属のCDを挿入し、PCのUSB端子にデバイスを接続。次にニンテンドーDSなどのゲーム機と、PC上の設定ツールを起動し「AOSSボタン」を押すだけ。子供でも設定が分かりやすいように、ニンテンドーDSやPSPなどそれぞれの設定方法をふりがな付きのマニュアルが付属する。

 また、モードを切り替えると、同社が提唱する無線設定技術の「AOSS」に対応した無線LAN機器の子機としても使用できる。側面のスイッチで簡単にソフトウェアルータと無線子機との使い分けが可能。

 通信速度の低下を防止する「電波混在防止機能」も搭載。このほか、デスクトップPCの背面のUSBポートに挿す場合に感度のよい方向に自由に向きが調整できる「フレキシブルUSBケーブル」も付属する。

バッファローhttp://buffalo.jp/
「WLR-UC-G」=http://buffalo.jp/products/catalog/network/wlr-uc-g/


■関連記事
本日の機種別ランキング【無線LAN】
簡単! 便利! 「無線LAN」でデジタル機器をフル活用
バッファロー、4ポートハブ搭載した業界初のDraft2.0 11n対応無線LAN子機

オススメの記事