ビズソフト(大島敦代表取締役)は、中小企業向けの業務ソフト「ビズソフト青色申告 2008」「ビズソフト会計 2008」と、請求書などの発行から経理業務をすべてカバーする「ビズソフト経理ナビ 2008」3シリーズ11タイトルを11月30日に発売する。

 業務ソフト「ビズソフト 青色申告 2008」「ビズソフト会計 2008」には、国税電子申告システムを使って電子申告を行えるNTTデータの「確定申告の達人 2008」のライセンスを同梱。「ビズソフト」で作成した決算書データを取り込んで申込書を作成し、国税電子申告システムに直接データを送信できる。

 「ビズソフト経理ナビ 2008」は、用途に応じて機能を拡張できるよう、オプションの追加購入システムを採用。オプションとして「見積書」「給与計算」「集計表」を用意し、ユーザーは使用に適したソフトを選ぶことができる。また、ガイドブックをバンドルしたパッケージのほか、全てのオプションをセットにした「プレミアム」パッケージも用意する。

 価格は「ビズソフト 青色申告 2008+確定申告」が1万500円、「ビズソフト会計 2008」が3万6750円、「ビズソフト経理ナビ 2008」が1万500円など。

ビズソフト=http://www.bizsoft.co.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【業務ソフト】
ソリマチ、「会計王」など業務ソフト新版9タイトル、検索機能などを強化
ビズソフト、収支管理ソフト「社長の経理ナビ」を無償アップグレード