アップル、AVCHD対応のビデオ編集ソフト「Final Cut Express 4」

ニュース

2007/11/19 10:10

 アップルジャパンは11月15日、プロ向けの「Final Cut Pro 6」をベースに機能強化を図ったAVCHD対応のビデオ編集ソフト「Final Cut Express 4」を11月19日に発売すると発表した。価格は2万3800円。

 AVCHD規格のビデオカメラに新たに対応。また、単一のタイムライン上で標準画質のSD、ハイビジョン画質のHDコンテンツの混在が可能になり、同社のiMacなどに付属するビデオ編集ソフト「iMovie '08」のプロジェクトも取り込めるようになった。

 HD解像度は1080i、720pともにサポート。オーディオコントロールも強化した。「Soft Focus」「Vignette」「Light Rays」を含む50以上の新しいFxPlugフィルタや、直感的なユーザーインターフェイスでアニメーションタイトルを作成できる「LiveType 2.1」も収録する。対応OSはMac OS X v10.4.10以降。

 なお、「Final Cut Express」の旧バージョンのユーザーは、1万1800円で最新版にアップグレードすることができる。

アップルジャパン=http://www.apple.com/jp/
「Final Cut Express 4」=http://www.apple.com/jp/finalcutexpress/


■関連記事
本日の機種別ランキング【ビデオ関連ソフト】
アップル、統合ソフト「iLife」「iWork」新版、表計算の「Numbers」を追加
「Leopard」が猛烈な初速、アップルの新OSが10月販売シェア53.9%を記録

オススメの記事