I・Oデータ、日立の薄型テレビ「Wooo」で使えるリムーバブルHDD「iVDR-S」

ニュース

2007/11/15 14:06

 アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は11月14日、HDDスロット「iVポケット」搭載機器で利用できるリムーバブルHDD「iVDR-S」を11月下旬に発売すると発表した。税別価格は、容量80GBの「iVDR-S80」が2万1000円、160GBの「iVDR-S160」が3万7000円。

 「iVDR-S」は、著作権保護技術「SAFIA」に対応する抜き差し可能なリムーバブルHDD。「iVポケット」を搭載した日立製作所の薄型テレビ「Wooo」など、iVDR-S対応機器で録画用メディアとして使用できる。Serial ATA仕様のiVDRインターフェイスを備え、大容量のデータでも高速アクセスが可能。iVDRアダプター「USB2-iVDR」を使えば、USB2.0対応HDDとしても使える。

 日立の薄型テレビ「Wooo」での録画時間は、TS(HD)BS録画モードのデジタルハイビジョン画質の場合で80GBタイプが7時間、160GBタイプが15時間など。本体サイズは幅80.0×奥行き12.7×高さ110.0mm、重さは約145g。

アイ・オー・データ機器http://www.iodata.jp/
「iVDR-S」=http://www.iodata.jp/prod/storage/hdd/2007/ivdr-s/index.htm


■関連記事
本日の機種別ランキング【外付けHDD】
日立、交換式HDD「iVDR」対応の60V型プラズマテレビとデジタルチューナー
リムーバブルHDDの波はデジタル家電に訪れるか? 統一規格「iVDR」の今後
I・Oデータ、取り外せる小型ハードディスク、デジタル家電間での利用も想定

オススメの記事