エプソン販売、フォトムービー作成ソフト、アスペクト比16:9出力に対応

ニュース

2007/11/15 10:11

 エプソン販売(平野精一社長)は11月14日、写真を映画のように楽しめるフォトムービー作成ソフトの最新版「デジカメde!!ムービーシアター3」を12月14日に発売すると発表した。

 「デジカメde!!ムービーシアター」は、デジタルカメラスキャナから取り込んだ写真に、音楽や演出を加えてフォトムービーが作れるソフト。作成したフォトムービーはDVDやCDに保存できるため、PCのほかプロジェクターなどでも楽しめる。

 最新版では、ハイビジョン映像のアスペクト比16:9のワイドサイズ(最大1920×1080)への出力に対応し、標準サイズ4:3とワイドサイズ16:9の比率の切り換えも可能。出力の際はファイル形式を判断し、比率・出力サイズ・ビットレートの指定など、出力機器に最適な形式を選択する。

 さらに、静止画を動画のように見せる「演出テンプレート」は、写真の素材を生かしたシンプルなものから、旅行や結婚式などイベントをテーマにしたものまで、プロの映像作家が手がけたテンプレートを60種類以上に増やした。ウェディング向けの演出も強化し、エンドロール効果を改良した。

 「写真選択」「演出テンプレート選択」「BGM選択」の3ステップで編集できる「簡単編集」機能を搭載し、簡単に作品を作成することが可能。さらに「こだわり編集」機能では、演出スタイル・テロップ・BGMを自由に組み合わせたフォトムービーも作成できる。演出パターンは組み合わせ可能で、500種類以上を収録する。タイムライン上に使いたい演出パターン・写真・テロップ・BGMをドラッグ&ドロップするだけで、編集作業が行える。

 ビー・エイチ・エー製のDVDライティングソフト「B's DVD Professional2」を付属し、フォトムービー作品をDVDなどのメディアに書き込むことが可能。D書き込みの際は、フォトムービーで使用した素材のオリジナル画像をバックアップとして保存する。

 実行した操作や処理を取り消して元に戻したり、直前に取り消した処理をもう1度繰り返して実行したりできる「アンドゥ/リドゥ機能」も搭載。編集画面にクリップボードを新設し、すべての要素でクリップボードを使ってコピー&ペーストが行えるようになった。収録BGMも従来より増量した。対応OSはWindows Vista、XP、2000。

 税別価格はパッケージ版が9800円、ダウンロード版が7400円。このほか、DPEソフト「デジカメde!!同時プリント9」をセットにした「デジカメde!!ムービーシアター3 印刷moパック」も1万2800円で販売する。

エプソン販売=http://www.epson.jp/


■関連記事
本日の機種別ランキング【画像処理ソフト】
コーレル、デジカメ画像を手早く補正・加工できる画像編集ソフト
アドビ、画像編集ソフト最新版「Photoshop Elements 6」など

オススメの記事